The Circulation of Kawaii

 

カワイイは作れる!

 

というキャッチコピーが少し前にありましたが、自分自身はもちろん、他人の可愛いも作れます。

方法は簡単。あなたは可愛い!って言えばいいのです。

でも人によってはセクハラと捉えられることもあるから気をつけてね!

諸刃の剣すぎ!

 

 

最近私は前より少しだけ自分の事が好きになれています。

あなたは可愛いよって言ってくれる人が増えたからです。

それによって私がいきなり美人になったりするわけじゃないけど、私自身の枠の中で、相対的にとても良い状態に変化します。

 

そもそも私は可愛いなんてキャラじゃなくて、闇落ちキャラだと思ってたし、たま〜にバンドマジックにかかった人が言ってくれるくらいで、身近な人に可愛いなんて言われることもなかったのですが、転機は数年前にイベントの出し物でとあるアイドルのコピーをしたことかなと思っています。

 

f:id:mickeyroni:20180220224445j:image

 

アイドルなんてこれまた私のキャラじゃないんだけど、やるからには全力でコピーするよね。

振り付けだけじゃなくて、キラキラしたセリフ、高い声のトーン、フレンドリーな煽り方、可愛い仕草。

するとどうだろう。

私にそのアイドルの影を見た人達が口々に私に「可愛い!」と賞賛を送り出すではないか。

 

あんたら騙されてるよ!

でも…楽しい!

 

あれ…もしかして私も「可愛い」になっていいのかな?!

 

そう思ったのです。

そう思ったら、もっと身嗜みとか、写真とか、言葉も表情も楽しめるようになりました。

楽しんでたら、身近な人からも可愛いって言われるように!

自惚れてんじゃないのって思われるかもしれない、ってことも織り込んだ上で可愛いを楽しむのは強さでもあるかもしれない。

可愛くなることと可愛いと言われることは循環してるみたいです。

 

 

 

コピーの話で言うと、ライブでコールアンドレスポンスしたのも初めてだったんですが、ワーって盛り上がって、「あ、楽しませるって楽しいんだ!」っていうのもわかりました。

これまで、気持ちのなかのドロドロしたものを認めて昇華させる場を提供することしかしたことがなかった私にとって、それはとても新しいことで、純粋に人を楽しませたいっていう気持ちも芽生えました。

アイドルが使うような、前向きな言葉を使うことへの抵抗も減った。

 

出し物だけど、普段やらないことをすることで学ぶことがたくさんあるんだな。

 

挑戦する気持ちを忘れるな!

 

 3月3日扇町Para-diceで待ってるよ!