「納得」は全てに優先するぜッ!

ジョジョシリーズは名言ばかりですが、その中でもひときわ心に刺さっている言葉があります。

 

スティール・ボール・ランより

『「納得」は全てに優先する』

f:id:mickeyroni:20171024195528j:image

 

読んだ時はフーンくらいでしたが、じわじわと実感してきました。

 

近頃気持ちが疲れていて、たまの休日は死んだ魚のような目をして死んでいて

将来の夢もへったくれも、という具合なのですが、

さらに人の一生が壊れてしまうような、悲惨な出来事が身近に起こってしまいました。

明日は我が身、一歩社会に出れば誰も守ってくれないんだということを感じました。

同じ立場で寄り合った者同士もっと議論すべきことなのに、誰も何も感じてない。

コーヒーの香りとともに消える程度の噂話。

私が口を開くと、全員が聞こえてないふりをする。

 

 

 

私達が生きている間にすることは全て、自らの人生を(喜びも苦しみも含めて)豊かにするものであるべき。

人生を豊かでないものにしてしまう物事は、どんなことだってする必要はない。続ける必要もない。

現実はそう上手くいかないだろうけど、そう思います。

というか、そう思い続けること自体が自分を大切にすることを忘れないために重要なことなんじゃないかと。

 

「仕方ない」ことなんかない。

自分自身の過去の選択に縛られたくない。

いま責任があったって、手順を踏んで手放せばいい。

 

苦しいことからなんでもかんでも逃げろという意味じゃありません。

その先のために耐える価値のある苦しみもある。

 

ここで、ふと

それが人生を豊かにする苦しみなのか、そうでない不条理な苦しみなのか、それを決めるのが「納得」なんじゃないだろうか、と思うわけです。

 

多少社会の理不尽さに打ちのめされたって、大きな枠で考えて自分の軸に沿っていれば納得できることもある。

 

逆に言えば理不尽なことでも納得できることもあるのか。

なんで周囲の人は「仕方ない」で済ませるんだろうと憤りすら感じていたけど、そうか、そういうことだったのか…

納得できるかできないかは個人的な価値観だから、正しいか正しくないかは関係ないのか。

 

そして私は今、納得がいってないんだよなあ。

前へ進めない。どこへも、未来への道も、探すことができない。

まさにそんな感じ。

私自身の納得のためにやるべきことは何だろう?