KYOTOGRAPHIE

写真展に行ってきました。

 

 f:id:mickeyroni:20170421185057j:image

 

市内全18ヶ所の会場で行われている「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」。

2017年のテーマは「LOVE」。

 

 

と、サテライトイベントである「KG+」。

市内約60カ所で同時多発的に開催される写真展。

これから活躍が期待される写真家やキュレーターの発掘と支援を目的としたアートフェスティバル。

 

その内のひとつになるのかしら?今回のメインお目当てはこち

JAPAN PHOTO AWARD EXHIBITION

f:id:mickeyroni:20170421185342j:image f:id:mickeyroni:20170421185510j:image

受賞者の写真のほか、新しい才能をリーズナブルな価格帯で提供する「EINSTEIN STUDIO PRINTS」が同時開催されています。

 

このEINSTEIN STUDIO PRINTSに、Zweigが以前出したアルバムのジャケットやポスターの写真、アートワークを担当してくださった山城功也さんの作品が出品されています!

 

kow-luck.com

 

そんな訳でZweigのメンバーとともに山城氏との邂逅といくつかの展示会場めぐりをしてきました。

 

 

写真に関しては全く無知なので、とりあえず会場が近かった、ロバートメイプルソープとイザベルムニョスを。

 

メイプルソープの率直な感想は

「美」が濃いぃ〜〜。

f:id:mickeyroni:20170421195827p:plain

 私のような写真に対する感受性の鈍い人間がそう感じるほど、濃すぎてスープが半固形になってるとんこつラーメンくらい濃かったです。肉体美が。かなりパンクな人物だったであろうことが何も知らない私にも伺えました。

 

ムニョスは、

宗教上の修行によるトランス状態の人間の写真と野生のチンパンジーの写真とが展示されていて、生命の熱量が込められていたのが印象的で恐ろしくもありました。

f:id:mickeyroni:20170421195945p:plain

これ何かと思ったら、イスラム教の神秘主義で、数時間回転し続けることによってトランス状態に陥り神と一体化するっていう修行ダンスです。狂気…。

 

 

写真の展示販売EINSTEIN STUDIO PRINTSは、京都九条の ホテルアンテルームにて行われています。

f:id:mickeyroni:20170421185729j:image

山城氏のうつりこみシリーズが5作出品。

都会の中にこんな光の遊びが隠れているとは。鮮やかでカッコイイです。

 

5月14日まで。京都にお立ち寄りの際はぜひ。

 

 

 

 

Zweigワンマンまであと4日!