読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「君、バンドやってるらしいね。」

f:id:mickeyroni:20161123224616p:plain

 

職場で不意にそう聞かれて、私はうっとなってしまったのでした。なぜなら、私は音楽を作っていることをあまり積極的に話していないからです。

かつてそれを積極的に話していた結果、色んな偏見に満ちた言葉をかけられたり、さして興味もない人達の話のネタとして見当違いな噂で楽しまれてしまった経験があるから。

どうやら、他のバンドマンと呼ばれる方々も同じ悶々とした気持ちを抱えている方が多いようで。

作品を発表していくうえで好き勝手に噂されるくらい逆に喜んでしまえばいいことなのだけど、やっぱり悶々とするのは、みんな本心ではちゃんと分かってほしいって思っているからなんですね。

 

ということで、実際に私が言われて腑に落ちなかったことベスト…いやワースト3を紹介していきます。

バンドマンの皆さんにはあるあるネタとして、そうでない皆さんにはバンドマンの弁明として読んでいただければ幸いです。

 

第3位  同僚「やっぱメジャーデビュー目指してんの?w」

これは言われがち。非常に言われがち。言われがちだけど、なんともアサッテな質問No. 1。

これはどなたかのブログにあった例えなのですが、例えばお菓子作りが好きですって人にいきなり「やっぱパティシエ目指してんの?」って聞かないですよね。より美味しく作れるようになりたい。作ったら色んな人に食べてもらって喜ばれたい。美味しいねって言われたい。

やるからには良いものを作りたい、そしてたくさんの人に知ってほしい。でも何を差し置いてもメジャーデビューなんて考えは毛頭ないし、そもそもそんな時代でもない、なんてことは当然知らないんだろうな…世間では、バンドマンというのはみんな地方から出てきて東京でのメジャーデビューを目指す夢追い人なのですね。

 

 

第2位  上司「お金貰ってないだろうな。副業は禁止だぞ。」

世間のバンドイメージはとにかく夢を抱きがちです。彼らの想像するライブハウスではツンツンの髪かロンゲでトゲトゲの首輪と革ジャンを着た人で毎晩超満員です。いまどきそんなイメージ持ってる人いないだろーと思うかもしれませんが、結構います。バンド=ハードロックかヴィジュアル系かパンクのどれかです。

実際のライブハウスには友好的な酔っ払いがいるだけです。ほとんどの小さなライブハウスはなじみの顔が集まる地元のバーというほうが近いのかな(私自身はそういう側面に比重を置いたハコがもっと増えてもいいと思います)。人をきちんと呼べればライブのバックが出ることもありますが、それでそれまでの練習代や交通費を賄って儲けが出るようなら多分仕事辞めてます。

これは一番初めに「職場の人に言うと面倒だな」と思った出来事でした。

 

 

第1位  面接官「バンドなんかやってて仕事ちゃんとできんの?両立は無理だから就職するならバンドは辞めるべきだ。」

これは就活中に面接官から言われた言葉。

学生時代に大した研究もしていなかった私は、就活ではバンドを頑張ってきたことを自己PRとしていました。この面接官の息子もまたバンドマンらしく、バンドマンというやつは夢ばかり追ってて真面目に働く気がないと信じ込んでいるようです。まあ当たらずも遠からず、いや当たっているかもしれませんが。

でももし、旅行が好きで月に一度は遠出して見聞を広めています!って自己PRだったら、「旅行なんか行ってて仕事ちゃんとできんの?両立は無理だから就職するなら旅行は辞めるべきだ。」なんて言われたでしょうか。意味わからなすぎません?

もう私は、世間の皆様にはとにかく安心してくださいと言いたい。私なんて何者でもないですから!

と無能アピールしなければならないのがまた切ない。

 

 

おまけ 「まだバンドなんかやってんの?」

私はまだ言われたことないですが、聞くところによるとそのうち言われたりするらしいです…キャ~!これは女性でいうところの「いつ結婚するの」「いつ子供産むの」「二人目はいつ」ハラスメントに近い気がします。それは自分と家族の問題であって、社会生活上他人に迷惑をかけてないなら余計なお世話というやつです。

これも「まだゴルフなんかやってんの?」とかに置き換えると意味不明さがわかると思います。売れなかったらやめなければいけない音楽とは何だろうかとゴッチさんも仰っているではありませんか!

 

 

とまあ愚痴っぽくなってしまいましたが、最近似たようなことに疑問を抱いている人の記事をよく見かけるので私も筆をとってみました。

音楽活動をしていることをあまり言いたくないのは、私的な付き合いのない人に自分の活動を宣伝してまた色々なことを言われるのが面倒というのもあるけど、社会生活と創作活動って隔たりがあるので、どういう顔をしていたらいいのかわからないというのもあります。オープンな人はそのあたりどうしてるんだろう。