読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京アラサー娘

コラム

アラサーって言葉が生まれたのは、ドラマの中で生まれた「アラフォー」が派生したものだったと思うんだけど、いまやアラフォーよりアラサーの方がよく耳にしますね。なにかと岐路に立ちやすいお年頃なんでしょか。

 

アラサーモノの走りといえば10年前くらいに流行ったアメリカドラマSex and the City。コラムニストのキャリーをはじめ三、四十代の独身キャリアウーマン達が先端ファッションに身を包み、ファービュラスファービュラス言いながら、次々とゆきずりの恋に落ちては男の話を肴にドライマティーニ飲み明かす、みたいな話。親友同士の4人が道いっぱいに横並びしてツカツカ歩くシーンが印象的でした(通行の邪魔です)。当時大学生でしたが、一連のドラマを観ていて三十代ってなんかカッコイイのかもしれないと思いました。

このブームに乗っかって作られたのが日本のドラマ「アラウンド40」で、そこからアラフォーという言葉が生まれ、アラサーが生まれると。

 

アラサー女達が恋、仕事、結婚、転職などにおいて不安の中で何を選択するか?!に悩むお話、今なら東京タラレバ娘なんかまさにそうですね。

かくいう私もターゲット層どストライクなので、焦燥感とか不安感は共感する部分もあったり…

 

けど、SATCにしろタラレバ娘にしろ、基本的に主人公達はあくまで「都会的で自分のやりたい仕事でそれなりに稼いでいる独身女の集まり」なんで、そのへん既に全然ありふれたスペックじゃないんで、実際主人公達と同じ年代になって観るとそのあたり全然共感できない!

三十代になったらもっと仕事も出来る高級な女感出るのかと思ってたけどそうでもないし、この調子だとアラフォーになってもだめそうだ。大概の人は独身だからって仕事に燃えてるわけでもないし。おらも都会的な女になりてぇよ!とりあえずたまに大ゲジの出るこの家からは引っ越したいぞー。

 

 

引っ越しといえばお隣に新しい人が入ってきてご挨拶のお品をいただきました。中身がね、ジップロックとね、スポンジが届かない所に使う用の泡スプレーになってる食器用洗剤。

私だったらきっと菓子折り選んでたけど、このプラスαなちょっと嬉しい日用品を選ぶセンス。各家庭で愛用してるものを邪魔せず、しかも最近CM やってて気になるし、でも無くてもいいから特に買ってなかったという日用品。

いやー素晴らしいセンスをお待ちだ。というアラサーの雑談でした。

 f:id:mickeyroni:20170203003049j:image

ぐりぐり  しゃかしゃか  しゅわー

コラム

まず、私はミント味がきらいです!

チョコミントも、フリスクも、ハミガキ(歯磨き粉)も、スーッとするものは全て!

 

子供の頃よりは少しだけ耐性がつきましたが、何を含むとしてもスーッとしないで済むならしてほしくない。

お口の中は平和が一番。

 

なのに

 

なぜ

 

こんなに

 

f:id:mickeyroni:20170114125518j:image

ハミガキを持っているのか…

 

 

 

手持ちのハミガキは大きく分けて、虫歯予防系、美白系、歯茎系です。知覚過敏系はまだ持ってないね。

 

虫歯予防はクリニカ アドバンテージ!

f:id:mickeyroni:20170114125556j:image

右はおやすみ前のフッ素ジェル。これをするとなんだか安心感があります。

そしてなんといってもスーッとしない、ソフトミント味!大好き!10%増量っ!

 

 

美白系はドイツ生まれのセッチマ。

f:id:mickeyroni:20170114125723j:image

スペシャルケア用で、研磨剤がすごいらしい。先日サンスターがセッチマの一部を自主回収しました。微生物が自社基準値越えだと…。幸い、私の所持分は大丈夫でした。

 

それから女性向け商品展開に力を入れているオーラツー。

f:id:mickeyroni:20170114125857j:image

細いほうはプレミアム。日本の製品らしく、小さい。シャリシャリの粒が入ってます。シトラスの香りがよい。

もう1つの方は…正直に言う。Perfumeコラボ限定デザインだから買いました。柄なんかPerfumeのパフォーマンスとは全然関係ないのに、まんまと踊らされています。アップル&ローズミントで、これは美味しくないと教えて貰っていたのに買ってしまった。案の定…

香りが強すぎるのでクリニカと少しずつ混ぜて使ってみました。混ぜても意外とイケる!

 

歯茎系は佐藤製薬のアセス。

f:id:mickeyroni:20170114130039j:image

アセスLのLは「ライトなミント味」のLです。でもこれはねー、塩の味です。しょっぱいし、からい。磨き上がりは、つやっ!きゅっ!て感じですが、なんせからいので使うのに気力がいります。歯ブラシにも塩の匂いつきます。

 

最後にマウスウォッシュ。

f:id:mickeyroni:20170114130156j:image

Perfumeのなんらかの抽選券を得るために友人がたくさん買ったものを譲り受けました。オーラツーばっかりや!

ん?これよくみたら

 f:id:mickeyroni:20170114150605j:image

本品はハミガキではありません!

ただの香り付けでした。うるおい成分が入っていて、歯磨き粉使った後の唾液を持っていかれる感じがありません。

使用感は昔売ってたうるおいガムみたいな感じ。ヒアルロン酸で唾液を含ませてるのかな。とろっとします。ハミガキだったら良かったのに。

 

いつ何を使うかは特に決めてなくてお口の気分で選んでます。歯磨き粉使うと口が渇く気がするから液体ハミガキも興味あったりして。

ってこれだけ買っといてなんだけど、市販のハミガキなんてほとんど効果ないらしいですね。

ハミガキは気休め程度で、虫歯予防には物理的な除去が最強だよって歯医者さんが言ってました。

 

f:id:mickeyroni:20170114131158j:image

次回はこの辺りのお話を! 

歯磨きはぐりぐりしてはいけません!

 

(ハミガキって、歯磨き粉や歯磨き液などの総称なんだろうけど、動詞の歯磨きと被ってるしすごい違和感ある…。)

 

人生初おせち

日記

f:id:mickeyroni:20170105231126j:image

作ったんだよ!!

 

 

新年あけましておめでとうございます!

 

天皇陛下が新年の挨拶で「新年おめでとう」って言われてたんですよね。

この言い回しに衝撃を受け、すごく気に入りました。明けましてって言うのなんかはにかんでしまうしね。

新年おめでとうございます!

 

 

いつのまにか、親戚のなかでおせち作り当番制みたいな雰囲気が出来上がり、今年人生で初めておせち作りをしました。

かかった食材費  およそ2万円!

かかった時間  丸2日!

おせちって、三ヶ日にお袋さんが料理を休むためのものって聞いたことあるけど、年末にこんだけやってちゃあね。バケーション前の残業状態でした。

 

なにしろ一から十まで初めてで、全部ネットでレシピ検索。こういう時はドーンと情報がまとまった一冊の本がいいね。

 

おせちって、12月27日くらいから、下ごしらえの長いものや腐りにくいものから使っていくって知ってました?

全部一緒に盛られてる煮物が素材別に三つ(諸説あり)の鍋に分けて煮込まれてたとか。

野菜を綺麗な形に揃えることでめっちゃ無駄な廃棄出てるとか。

高知にはおせち料理がないとか。

知らなかったことがたくさんでした。

 

もう数年は作りたくない…。

 

 

祝い箸って箸袋に名前書くじゃないですか。

で、料理を取るための祝い箸には「海山」って書くみたいなんですけど

小学生の姪っ子が「海山って誰?」と聞くので、「書道家の海山 真先生だよ。料理を取る時は海山先生を使ってね」と教えた結果、わが親戚中で料理を取るお箸のことを「海山先生」と呼ぶしきたりができてしまいました。

風邪が流行ってるからみんなも海山先生を使おうね。

 

 

今年はZweig音源発表、ソロMV発表を実現させます!

今年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします!

わたしの2016まとめ

日記 活動報告

 

 

ソロダイジェスト公開したよ!

f:id:mickeyroni:20161225005159p:image

https://youtu.be/y9sPVzXQBlk

 

 サイトも開設して、情報はここに集約していくので、たまには見てね!なんかかっこいい写真も撮ってもらいましたよ!

http://mickeyronijp.wixsite.com/mickeyroni

 

 

はやくも今年のまとめ

 

昨年12月、これまで何度もテスト版で挫折してきたDAWソフトをお金を出して買う。

1〜6月頃 ガイド本片手にソロ4曲制作。
4月、バンドで一年ぶりのライブ。
4〜5月、仕事多忙につき死。
7〜8月、仕事多忙につき死。
9月、ボーカル録り、以後ミックスダウン発注。ソロ5曲目制作。
10月、アー写撮影、PV打ち合わせ。
11月、PV打ち合わせとテスト録り
12月、ソロダイジェスト公開、クリスマスにインフルエンザにかかり外出禁止令←Now‼︎

 

今年の成長は、長いこと何度も挫折してきたDAWに再挑戦して初歩ながら出来るようになったこと。自分から色々な人に声かけて関わってもらって、年内に公開まで漕ぎ着けられたこと。
出来ないと思ってたことでも工夫次第で出来るようになるもんだな。

 

で、サイトも動画作成も動画公開も無料のサービスを利用して0円でしてるんですよね。

すごい時代です!

 

 

来年に向けてバンドの音源制作も進めるぞー。

ソロは今面白いPVを作ろうとアレコレ練ってますので来年には。その公開のタイミングで全曲フル試聴と自由設定価格でのダウンロード配信を予定してます。

あと世を偲ぶ仮の姿のほうの生活も変えたいです。

コワーキングスペース行ってきました。

日記

以前より興味のあったコワーキングスペースに初めて行きました。

 

コワーキングスペースとは

 

個人作業に使える共有スペースのこと。

自習室みたいなブースタイプから、オープンスペースから、会議室を備えたものと形体は色々。電源、Wi-Fi、フリードリンクなどを備え、時間単位の利用から月額会員まで使い方もフレキシブル。事業所登記やレンタルオフィスとして使えるところもあります。

どういう人が使うかと言うと、基本的に誰でも使えますが、フリーランスの人が生活リズムをつけるためとか異業種の人との交流を求めて使ったり、会社員や学生が勉強したり打ち合わせに使ったり、なんでもあり。

経営側はワークショップや講演会などのイベントをやって交流を求める人々を呼び込んでいるようです。

なんだか意識高い系っぽい…ゴクリ。

 

今日行ったのは、梅田シャングリラの近くのオサレなコワーキングスペース。入会金無し、2時間500円、一日コースなら1100円とのこと。

中に入ると、白壁に無垢の床。別室はアトリエになっていて何やらドリルを使ってオサレな人が工作をしてらっしゃる。フライヤーが貼ってあり、本棚にはデザイン関係の本がズラリ。

受付カウンターの中にいたのは、赤い口紅にマッシュボブのオサレ女子と、全身黒でタートルネックでパーマヘアのオサレ男子。ふおお。

フロアはブースはなく全席オープンで、お客さんは私の他にカウンター席にソロ利用の方(40代くらい)が2人、テーブル席でパソコンを広げているコンビ利用の方(20〜30代)が1組。全部で30席くらいはあったので、空いているなという印象。

とりあえず2時間分のお金を払って、やや奥まったテーブル席に陣取り、ひとまずフリードリンクコーナーへ。

電子レンジ、電気ポットとインスタントコーヒー、ティーバッグ。冷蔵庫にお茶とコーヒー。と流し。飲食可能なので、コンビニで買ったラーメンやお弁当も食べられるけど、うーん、このオープンスペースでラーメンのにおいさせる勇気はない。とりあえず、オサレさに若干怯みながらにおいの少ないおにぎりを頬張る私。

 

向こうの席ではオサレなスタッフさんたちが打ち合わせをしている。BGMは耳につきすぎない軽やかで心地良いビートのイージーエレクトロニカ

私はノートPCを持っていないので、読まなきゃいけない仕事の資料や読みたい本とノートなどを持っていきました。カフェより堂々と広げて粘ることができます。

椅子やテーブルは特に快適でもなかったけど、適度に集中でき結局1時間延長して3時間で費用は800円。紅茶とコーヒーを一杯ずつ飲みました。

他の利用客との会話は無し。充分に距離を取れたのでちょっと安心。

 

さて、こうして無事にコワーキングスペースデビューを果たしました。

感想としては、2時間くらいの作業なら正直カフェでいいかな。1日集中して勉強したい時とか、飲食店で広げると迷惑になるような資料がある時、仲間とちょっとした手作業をしたい時、確実に電源を使いたい時なんかは便利だと思います。

 

店によって雰囲気がまた全然違うんだろうな。面白いから、また利用したいな〜。

 

あと忘年会をキッチン付き貸しスペースでできないかなと目論んでいます。さっと調べた様子だとあんまり近くになさげ。 

 

 

 

好きなことを続けてください。

活動報告 コラム

大人になると「好きなことを続ける」というただそれだけが困難になってくる時があります。

理由は、仕事が生活の時間をどんどん侵食していくこととか、人との軋轢に疲れて何をする気力もなくなってたりとか、お金や時間を自分よりも優先的に使うべきものができたりすることです。

一度きりの人生、生活のために好きなことを犠牲にするって言葉にするととても滑稽に思えます。過去に重ねて来た自分の選択に縛られるなんて馬鹿げています。ベストな選択をしてきたつもりなのに今の自分はベストな状態でないと思うなら、何度だって選択し直せばいい。

でも実際は、今の生活を変えるのは不安だし、歳を重ねてやり直す選択は社会的にステップダウンとなる可能性が高い。社会的に。周りの目も厳しいです。

そういうのが大人の生きにくさというやつです。

 

だからライブのMCでポロっと言われた「俺たちは好きなことを続けます。みんなも続けてください」だとか「ロックはやる側も聞く側も同じステージで自分を解放できる場所」だとかに深い共感と激励をもらってしまうんです。

演者の活き活きと輝く姿、体を揺らして楽しむお客さん。私はその空間の中にいながらそれを眺めていました。

好きな活動をやっていくのだって楽しいことばかりじゃない。その陰にはハコを運営するスタッフや電気を供給する人や色々な人の仕事があって、演者だって活動資金を工面したり人に気を遣ったり衝突して嫌な思いしたりして、その瞬間のために続けてきた。

でもただライブをやるだけではだめで、自分を高めて、また聞く側も気持ちが高まってお互いの周波数が「運良く」ぴたりと合わないと、一緒に気持ちを解放する瞬間は出来上がらない。

そんなことを考えていて、なんて素晴らしい瞬間なんだろう!とジンとしてしまったのでした。

 

 

バンドの活動の方は

今年最後のライブも無事終了し、来年はもう5年ぶりになってしまう音源作成をしたいと考えています。前の音源の時よりエッジが効いてきてると思います。ソロを始めたことで自分の中でのベクトルもクッキリしてきたような。

 

ソロの活動では

年内公開を目指して音源、アー写やMVを着々と準備していますが、公開は来年になります。先日はMV素材撮影のため12月の屋外で真夏の格好していました。キンキンよ。どうにか人を楽しませられるように映像チーム試行錯誤中です。

f:id:mickeyroni:20161211134931j:image

 

 

カレーを食べる時、ルーはどちら側に向けますか?

コラム

 f:id:mickeyroni:20161204122120j:image

と、Aさんからこの画像とともに突然の問い。

右、左、手前、奥、混ぜる。

大多数の人が左右どちらかだと思うのですが。

 

ご飯を切り崩してからルーと共にすくい、その奥のご飯を壁にしてすくいあげるから…

 

ルーは左かな!

 

と言ったところ、いや右のほうが食べやすくない?とBさん。

さらに、いやいや左でしょ!とCさんが言い出す。

うわあ〜。このひとつも生産性なく相手を否定しあうだけの議論…無駄!

一刻も早く終わらせるために私は考えた!

 

これと似たような話題でパスタのフォークが外回りか内回りかという問いがあります。

私を含め私の周りの人は外回しが多いです。

 

食べやすいルーの位置に違いが出るのは、スプーンを奥から手前にすくうか、手前から奥にすくうかの違いではないかしら?ちなみに私は右利きで、手前から奥にすくうので、腕の軌道上、右側に壁(ごはん)があるのが食べやすいのです。

 

私が手前から奥にすくうのは、小さい頃に観た白雪姫のビデオの未公開シーンで、スープを飲むときのテーブルマナーとして「スプーンは手前から奥へ」と教えられていたからです。

なのでその作法に従うとルーは左が合理的なのかな〜

 

と思ったのですが、調べてみると、手前から奥はイギリス式のマナーで、フランス式では奥から手前もしくは横からすくうことになっているらしい。

だから、フランス式のスプーン使いの人は左や手前に壁(ごはん)がある、つまりルーが右にあるほうが食べやすいのかもしれない。

 

f:id:mickeyroni:20161204131629j:image

 

結論。イギリス人は左ルー、フランス人は右ルーでどうぞ。韓国人は全部混ぜで。これにて閉廷!

 

 

とここまで聞いた言い出しっぺAさんが一言

「ミキロニさん、ウンチクすごいです!」

 

 

 おう

 

…………。

 

ルーがどっちにあるかとか考えたこともないし全然どうでもいいのに、いつのまにか私がただのウンチク垂れになってて、この世は厳しいなと思いました。

全国で1107票ってめっちゃ少ないし…。