グッズ製作《作業編》

 前回固まった構想を実現してゆきます。

 

まずは、チャームに入れるロゴ素材作り。 

 

f:id:mickeyroni:20171030191225j:image

f:id:mickeyroni:20171030191235j:image

 

透明のフィルムにロゴを印字!

ケルトンにロゴだけが浮かび上がる感じ。

 

 

f:id:mickeyroni:20171030234956j:image

 

安価な材料で最後の試作。実際にレジンにロゴをとじこめてUVライトで固めてみます。 

試作材料は予定サイズより小さいので「RONI」だけ。

 

 

f:id:mickeyroni:20171030235045j:image

 

OMG...

 

細かい気泡はともかく、フィルムの下に激しく隙間が…。

うーむ、なかなかコツがいりそうです。

 

しかし腹をくくって材料全部ポチっと買いました。

70個分くらい。

 

 

本番がこちら

 f:id:mickeyroni:20171105232456j:image

 

おおー!思ってたより良い感じ。色も可愛いね。

もうこれで完成でいいんじゃないの?ってくらいですが、ロゴ頑張ってとじこめますよ!

 

ピカー!

f:id:mickeyroni:20171105232854j:image

 

枠の中にレジンを注いでは固め、ロゴを入れは固め、また注いでは固め。

一回で三個作るのに20〜30分。思ったより大変です。

 

仕上げに太陽光できちんと固めます。

 f:id:mickeyroni:20171105232822j:image

ガタガタ!

 

f:id:mickeyroni:20171105232826j:image

ちょっとずつ、つるっと、ぬるっとした感じに

 

しかし細かい気泡の処理、無理!

普通はこれをラメラメを入れたり着色して誤魔化すそうですが、そうすると女子向けになりすぎてしまうため、気泡はご愛嬌ということにしましょ。

 

f:id:mickeyroni:20171105232841j:image

我が家がキーホルダー工場に。

革ジャケCD作ってたときを思い出す…

 

 

 

 

完成品は……後日公開します!

そしてこの日にお届けします! 

 

11月29日(火)扇町Para-dice

para-dice presents『 Bossa/ Nova vol.21 』
ミキロニ / 内田修人 / jabberwocky / 礒野聖矢 / エレベーターズ

19:00- ¥1700

 

f:id:mickeyroni:20171105233755p:plain

 

サポートメンバーを迎えての演奏も、いい感じに仕上がってきております。

楽しみだなあ。

グッズ制作《構想編》

 

 

前回決まったミキロニグッズ作り。

品物はキーホルダーでした。

 

デザインはファッション小物としても使いやすいタッセル。

それに、ロゴ入りのチャームをつけることにしました。

 

 

 

まずは、似た形の安価な材料でチャームのイメージ固め。

チャームはクールにスケルトンがいいな!

ということで初めて扱うレジンというもので作ってみました。

f:id:mickeyroni:20171030185902j:image  f:id:mickeyroni:20171030185909j:image

 

うむ、うむ。

サイズ感はさておき


円柱かスケルトン四角が良かったけど、金具がメリメリっとねじ込まれているの所が白くなっています。

恰好悪いので、接続部分の付いた枠を使うことにしよう!

 

 

f:id:mickeyroni:20171030190111j:image

 

こんな感じですね。

 

男性にも使いやすいものにしたいので、直線的なデザインをめざして楕円ではなく四角を選択しました。

 

 

f:id:mickeyroni:20171030190614j:image

 

チャーム型のサイズも色々あります。

イメージが掴みにくいので書いてみました。

紙が足りてないあたりに私の計画性のなさが表れています。

タッセルがメインなら左端が1番バランス良いけど、ロゴの視認性を考えると、2番目かな〜。

 

というわけで

完成イメージ

f:id:mickeyroni:20171030234844j:image

こんな感じですね。

 

イメージが固まって実際に使う素材を決めたところで

購入する前にとりあえず試作を作ってみましょう。

 

次回、《作業編》に続く!

 

「納得」は全てに優先するぜッ!

ジョジョシリーズは名言ばかりですが、その中でもひときわ心に刺さっている言葉があります。

 

スティール・ボール・ランより

『「納得」は全てに優先する』

f:id:mickeyroni:20171024195528j:image

 

読んだ時はフーンくらいでしたが、じわじわと実感してきました。

 

近頃気持ちが疲れていて、たまの休日は死んだ魚のような目をして死んでいて

将来の夢もへったくれも、という具合なのですが、

さらに人の一生が壊れてしまうような、悲惨な出来事が身近に起こってしまいました。

明日は我が身、一歩社会に出れば誰も守ってくれないんだということを感じました。

同じ立場で寄り合った者同士もっと議論すべきことなのに、誰も何も感じてない。

コーヒーの香りとともに消える程度の噂話。

私が口を開くと、全員が聞こえてないふりをする。

 

 

 

私達が生きている間にすることは全て、自らの人生を(喜びも苦しみも含めて)豊かにするものであるべき。

人生を豊かでないものにしてしまう物事は、どんなことだってする必要はない。続ける必要もない。

現実はそう上手くいかないだろうけど、そう思います。

というか、そう思い続けること自体が自分を大切にすることを忘れないために重要なことなんじゃないかと。

 

「仕方ない」ことなんかない。

自分自身の過去の選択に縛られたくない。

いま責任があったって、手順を踏んで手放せばいい。

 

苦しいことからなんでもかんでも逃げろという意味じゃありません。

その先のために耐える価値のある苦しみもある。

 

ここで、ふと

それが人生を豊かにする苦しみなのか、そうでない不条理な苦しみなのか、それを決めるのが「納得」なんじゃないだろうか、と思うわけです。

 

多少社会の理不尽さに打ちのめされたって、大きな枠で考えて自分の軸に沿っていれば納得できることもある。

 

逆に言えば理不尽なことでも納得できることもあるのか。

なんで周囲の人は「仕方ない」で済ませるんだろうと憤りすら感じていたけど、そうか、そういうことだったのか…

納得できるかできないかは個人的な価値観だから、正しいか正しくないかは関係ないのか。

 

そして私は今、納得がいってないんだよなあ。

前へ進めない。どこへも、未来への道も、探すことができない。

まさにそんな感じ。

私自身の納得のためにやるべきことは何だろう?

 

 

 

決まったよ〜!

思えば、ソフトを購入したのが一昨年の12月。

 

去年の1〜3月で3曲、夏前までにさらにもう一曲作り、9月に歌録り。

冬頃にミックス音源が納品され、年末からMV録りを経て

4曲入りの音源を世に披露できたのが今年の2月。

 

打ち込みを始めてから丸一年、とすこし。でようやくソロ作品をリリース。

 

4月にZweigワンマンから活動がほぼストップし、ソロに専念するかと思いきや!

 

曲作りは行きつ戻りつ。

 

 

それでも、決まりましたよ。

リリースから丸一年、の3/4。

 

ついにライブが出来ることになりました!やったやったー!

扇町Para-dice

11月29日(火) 所謂「いい肉の日」

サポートメンバーに1POINTの金子くん、exたかぎしゆかカルテットのたかぎしゆかちゃん、neonsignとCARDの泉くんをお迎えして、バンド形態でやります。

共演は礒野聖矢さんや、ずんぐりむっくり兄弟アイドル「エレベーターズ」。近頃客席から黄色い声が飛び交ってるそうなのでたのしみです。

 

 

 

 ◆

 

 

ミキロニのグッズが欲しい!

 

 

とのお声をいただきました。ほんまかいな?!

私自身はミュージシャンでもキャラクターでも、あんまりグッズを買う習慣がないので(買ってるけど)全く考えるに至りませんでした。

てか、ほんまに欲しいの?

 

いやしかし、ありがたいお声をいただいたからには、なにか喜ばれるものを作ろうではないか、とアレコレ調べてみる。

 

ステッカー?

Tシャツ?

缶バッジ?

 

持つ方としては、やっぱり雑貨そのものとして素敵なものがいいですね。

 

調べていくとだんだんエコカイロとかミニ懐中電灯とか見始めてました。

いやいや、利便性じゃねーよ!

 

ということでかっこいいチャームのキーホルダーを作ろうと思います!

f:id:mickeyroni:20171019210134j:image

早速、試作品の材料買ってきました!

 

発注してもいいけど、こだわりたいので手作りで。

挫折したら発注します。

11/29までに間に合わなかったらナシです。

 

進捗をまたお伝えしていこうと思うので、応援よろしくお願いします!

 

ちなみに以前作った初回限定盤合革ジャケCD、完売してますが、わけあり品(ちょっと失敗作)が数枚分残ってます。

 f:id:mickeyroni:20171019234701j:image

これも時間合ったら完成させて出します。

通常版プラケースも。

 

 

デストラクティブジャーニー!

先月行ってきたのです。

フランス。

 

初めてのフランス。

 

パリは、古い建築物が現役で使われていて、建造物は何もかもがデカイ!!

古い建物の華やかな装飾、窓辺の植物、放射状に伸びる道の鋭角になった建物の角、軒という軒にあるカフェテラス、色んな人種、たくさんのSUSHI屋、雑貨屋にある流行りの和柄食器、公的貸し自転車、自転車道妖怪ウォッチザムービーの看板、道端のパフォーマンス、投げ銭を求めるパフォーマーとそれを知っていて見えないふりをする地元民、小汚いプジョールノー、壁の落書き、破れた広告、物乞い、スリ注意。。

 

パリジェンヌ=「丁寧な暮らし」をしている白人女性 

みたいな謎のプロトタイプを日本で多く目にしますが、いやいや色んな人種いるし、服装はそんなにお洒落じゃないし、普通に人が生きてる都会って感じでした。地下鉄とか運転荒いし…。

でもそんな現実的なパリが素敵だと思いました。

 

地下鉄のドアは降りるときに自分で開けるんですが、閉まるのも発車するのもめちゃ早いので、人を押しのけていかないと降りられません。

うかうかしていて同行者が挟まれてしまったのですが、見知らぬお兄さんがドアをこじ開けて助けてくれました。

あっ、ドーモ!と振り返った次の瞬間には電車は発車して彼方のお兄さんです。ちなみに運転手はジーパン履いててガム食べてます!

 

ドアに挟まれることも他の乗客がそれを助けることもよくあることらしいのですが、日本じゃ有り得ない出来事です。

日本のサービスは世界一だけど、時に神経質すぎるから、この「自分の欲求は自分で叶えろ」って感じ、良いなあと思いました。

 

 

海外旅行が好きです。街中を歩き回ってその国の人の暮らしぶりを見るのが好きです。

 

フランスはトイレの男女のマークが、青と赤じゃなくてどっちも黒いんです(間違えそう)。

エレベーターの扉が手動でしかも中がめっちゃ狭いんです。ボタン押しても点灯しないし。

カフェテリアのテラスのイスは隣同士ぎゅうぎゅうに詰まってるんです。

朝から甘いパンを食べるしクロワッサンは顔くらいあるし。

公衆トイレが有料ならまだしもそもそもどこにも無い。フランスでトイレ屋さんしたら儲かるかな?

 

そんななんでもないことがいちいち自分の知ってるもの違っていて、面白くて、常識だと思ってたものとか、自分が囚われていたものとか、何もかもをいい意味でぶち壊してくれます!

 

こんな世界があるなんて、自分の常識がいかに小さな世界の出来事か。何にも囚われる必要なんかない!

 

海外に行くのは本当に面白いです。

また近いうちに行きたいなあー!

 

ETYMOTIC耳栓

ついについに、ようやっと

耳栓を買いました!

 

スポンジのやつじゃないですよ。

良い音を保ったまま鼓膜を保護するやつです。

主に大音量を全身で浴びるようなライブを観る時に使います。 

サウンドハウスで千円ちょっと。

f:id:mickeyroni:20170806213509j:image

 

ケースもついてて気が利くねえ。

さっそく耳にはめてみますと…

耳栓してるとは思えないほど音がすごくクリア!?

はー耳栓すごいねー。

 

 

でもなんだかフィット感が悪いなあ。

と、ここで気付きます。

---------------------------

□REGULAR

☑LARGE

---------------------------

ん!?

 

らーじさいずって!

どおりでフィットしないよ!

これは音がクリアなんじゃなくてスキマ風吹いてるだけ?

しかし開封してしまったので交換きかず…

 

「千円ちょっとの気持ち」が減価償却するまでは

らーじさいず使います。。。

 

ところで、明日からフランスへ行きます。

そこで先日イギリスのとある電子ハードウェアの開発オフィスに

おはつ!ウチは日本のアマチュアミュージシャンや。

自分らの製品興味あるんやけど今度オフィスの近く行くから見してんか!

という旨のメールを送ってみたんですけど見事にシカトされました。

世界に広めたいんじゃないのかよ~。残念。

 

 

 

play the game / 食言 -shokugen-

 

f:id:mickeyroni:20170706231230j:image

play the game 食言-shokugen- - YouTube

 

ミキロニMVを作ってくれた松下氏のソロワークス「play the game」のデビュー作「食言-shokugen-」

 

作詞で協力しました!

初めて人の曲に歌詞付けをするという作業をしました。

貰った仮歌の音を崩さないように、なぞりながら言葉を当てはめていきました。

歌詞の内容は、相手に愛想尽かして見限る選択をして、でも土壇場になってちょっと迷いを抱いているような、そんな感じです。

タイトルの「食言」は松下さんがつけられましたが、前に言ってたのと違うことを言う、という意味なので、ぴったりのタイトルだなー!と感心しました。

自分で歌う曲には合わない、少し強い言葉も使えて楽しかったです。

 

曲自体はもう聴けばその良さがすぐ分かります。

これを言葉で説明する技術は私にはないのだ…。

クール!

 

そしてこのMV、自作パラパラ漫画は必見。

手間ひまかけた面白さ。

Perfume好きならもっと面白いかも。

 

Zweigのメンバー、テッペイ氏もベースで協力しています。

参加経緯も作業時期も別々で、一緒に作ったわけではないので、不思議な感じ!

ワンマン後のZweigの活動はというと、創作意欲を共有するというのを目的に、2人でお茶したり舞台観に行ったりする活動をしていますよ。

 

 

 

ボーカルをメインにやっているとバンドの主宰者になることが多く、人の曲に参加させてもらうとか、人が主導しているところについていくとかいう経験があまりできないので、依頼を受けるのは単純に嬉しいです。

 

またこういうのが出来たらいいな!

 

その松下氏が監督を務めたmickeyroniのMVが↓これ!同じく手間ひまかけた自作アイディア動画でございます。

 

f:id:mickeyroni:20170706232656j:image

Mickeyroni - Synchronize - YouTube