読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はや半月が過ぎてしまいました。

過ぎてしまいました。

4/25のZweig2回目のワンマン、そしてドラムの伊藤さんの脱退ライブ。

まずは、あの日来てくれた皆さん、行きたかったなと思ってくれた皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。

 

f:id:mickeyroni:20170516085435j:image 

写真はJACKSTRAWのスダさんの!

 

 f:id:mickeyroni:20170516085457j:image

 

3人の集大成としてほぼ全曲を演奏し、いただいたアンコールでは残ったメンバーであるシンセのテッペーさんと2人で作った小さな曲を演奏しました。

急ピッチで作った曲ながら、結構好評でした。

 

伊藤さんはできるだけカジュアルに脱退したいらしいのであんまり大げさなことは言いませんが、伊藤さんのドラム好きだしこの7年あまり色々あったけど面白かったから、これから定期的に3人でスタジオに入ることがなくなるのが残念ではあります。

仲は今まで通り付かず離れずで普通に良いのでそこらで会っても気遣い無用ですよ!

 

そして当日はメンバーの生温かい承諾のもとソロの特製革ジャケCD(初回限定)も物販に置きました。

おかげさまで完売!通常版ジャケはまだ受注販売してます。

 f:id:mickeyroni:20170516085508j:image

 

 

今後のZweigはといえば

・新しいドラムを入れて現状存続

・新しいメンバーと新編成で再出発

・2人で再出発

などなど、色んな選択肢がありますが、今の所何も決めていません。

テッペーさんとは長い付き合いなので、Zweigでやりたいことが湧き上がって来るまでしばらくはのんびりと構えます。

 

この機会に別のバンドやプロジェクトもやってみたいなあ。

ボーカルはもちろん、仮歌入れ、コーラス、歌メロ付け、歌詞付けなど、単発から継続的な活動まで、お役に立てることあればお声がけください!

鉄琴はもちろんピアノもちょびっと弾けます。

 

ミキロニ名義のソロは新曲もぽちぽちと打ち込み中…年内にライブでもできたらいいなあ。

KYOTOGRAPHIE

写真展に行ってきました。

 

 f:id:mickeyroni:20170421185057j:image

 

市内全18ヶ所の会場で行われている「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」。

2017年のテーマは「LOVE」。

 

 

と、サテライトイベントである「KG+」。

市内約60カ所で同時多発的に開催される写真展。

これから活躍が期待される写真家やキュレーターの発掘と支援を目的としたアートフェスティバル。

 

その内のひとつになるのかしら?今回のメインお目当てはこちら

JAPAN PHOTO AWARD EXHIBITION

f:id:mickeyroni:20170421185342j:image f:id:mickeyroni:20170421185510j:image

受賞者の写真のほか、新しい才能をリーズナブルな価格帯で提供する「EINSTEIN STUDIO PRINTS」が同時開催されています。

 

このEINSTEIN STUDIO PRINTSに、Zweigが以前出したアルバムのジャケットやポスターの写真、アートワークを担当してくださった山城功也さんの作品が出品されています!

 

kow-luck.com

 

そんな訳でZweigのメンバーとともに山城氏との邂逅といくつかの展示会場めぐりをしてきました。

 

 

写真に関しては全く無知なので、とりあえず会場が近かった、ロバートメイプルソープとイザベルムニョスを。

 

メイプルソープの率直な感想は

「美」が濃いぃ〜〜。

f:id:mickeyroni:20170421195827p:plain

 私のような写真に対する感受性の鈍い人間がそう感じるほど、濃すぎてスープが半固形になってるとんこつラーメンくらい濃かったです。肉体美が。かなりパンクな人物だったであろうことが何も知らない私にも伺えました。

 

ムニョスは、

宗教上の修行によるトランス状態の人間の写真と野生のチンパンジーの写真とが展示されていて、生命の熱量が込められていたのが印象的で恐ろしくもありました。

f:id:mickeyroni:20170421195945p:plain

これ何かと思ったら、イスラム教の神秘主義で、数時間回転し続けることによってトランス状態に陥り神と一体化するっていう修行ダンスです。狂気…。

 

 

写真の展示販売EINSTEIN STUDIO PRINTSは、京都九条の ホテルアンテルームにて行われています。

f:id:mickeyroni:20170421185729j:image

山城氏のうつりこみシリーズが5作出品。

都会の中にこんな光の遊びが隠れているとは。鮮やかでカッコイイです。

 

5月14日まで。京都にお立ち寄りの際はぜひ。

 

 

 

 

Zweigワンマンまであと4日!

 

 

 

 

桜とパブロフ

f:id:mickeyroni:20170414002016j:image

春らんまん。

 

春といえば桜。桜を見ると木の下でおにぎり食べたくなりますね。

 

数年前までは、桜が咲いて春になると「また一年経ってしまった」とどことなく悲しい気持ちになってしまってたのですが

今年に関していえば、無。

なーんも感じません。

 

悲しくもならないし、嬉しくもならない。

綺麗だなーとも思わないし、新しい気持ちにもならない。

 

ここの所ただただ毎日が陸続きで、ずっと運転してるせいで感受性が電池切れしているのだ!

こりゃあー危機ですよ。

メリハリが大事です。

長いものに巻かれるのは安心だけど、他人のルールに自分をはめ込んでいくことで自分自身を蝕むリスクがあることも忘れてはいけません。

 

 

イエモンの歌詞で「春はなんか優しくて残酷」っていうフレーズがあってね、それ聴いたの小学生か中学生くらいだったと思うんですが、妙に納得したのを覚えています。

 

でも繰り返しますが今年は優しさも感じなければ残酷さも感じません!

わずかなおにぎり食べたいかも?だけを感じています。

 

おにぎりはね、鮭とたらこが好きです。次に昆布とかつお。時々梅。

 

 

 

Zweig 伊藤脱退ライブまであと12日です。

4/25 扇町Para-diceにて。

 

PERFUME OF PERFUME購入しました

グッズにはあまり興味のない私ですが、ザックザクにグッズを購入するPerfume仲間と付き合うようになってから、釣られて私の家にもグッズがちらほら。

音楽やパフォーマンスとは関係のないただのロゴプリントなのに、踊らされている…!と苦しみを抱きながらも、友達と何買ったとかお話しするのも楽しくていいね。同じもので盛り上がれる人と一緒に思い出づくりのような。

 

で、先日またノリで買うてしまった、Perfumeオリジナル香水 「PERFUME OF PERFUME」。

 

メンバーがいつもライブ直前に付ける、アロマオイルの香りをモチーフに、メンバー希望の香りにオリジナル調合!

甘さのあるイランイランとさわやかなグレープフルーツの香りが先に立ち、ラベンダーやローズを経て
最後はスパイシーな中にも甘さがあるクローブへと変化する、華やかで奥行きのある香水に仕上がりました。

ボトルは「ポーチに入れていつでも持ち歩けるように」とメンバーがこだわったスリムボトルにしました。

(オフィシャルより)

ちなみに クローブってポトフとか煮物に入れると美味しくなるスパイスです。噛むとめっちゃ苦い。

 

 f:id:mickeyroni:20170326004937j:image

シンプルでデザインが素敵。香水の瓶フェチとしても嬉しい。

グッズ感のないグッズって私含むファンには喜ばれると思うんだけども、その心理って矛盾してるよな?わかる人にだけ伝わるムフフな感じとか、誰にも見えないけどちょっとおしゃれなインナー着て楽しむみたいな心理なのかな。

 

香りの第一印象は「ルームフレッシュナーみたい」。。。

トップノート(最初の香り)が柑橘系なので…持ってるやつと似てたの。

74%さわやかで19%スパイシーで7%甘い、みたいな印象です。嫌味のない、とてもいい香りです。好き。デザイン、香りともに男性にも使いやすそう。売り場にも実際男性客来ていました。伊勢丹の婦人服フロアにね…おずおずとね…。

 

ただ外出時につけてもすぐ香りが飛びます。

香水にはオーデコロン、オードトワレ、オードパルファム、パルファムという種類があって、濃度と香りの持続時間が違います。

私が普段使うのはオードパルファムで、1プッシュを遠目からつけて、自分ではわからないけど夕方まで香りが持続してると思います。夜も微かに香ってると思うので付け直しはいりません。

 

が、これはオードトワレ。体感としては午前中くらいで消えます。朝の自転車通勤で風に吹かれまくってる私には出勤時にはもう飛んでる気がする。

だからスリムボトルを持ち歩いて付け直しするのだね。

でもそれだと減りが早そうなので、ハンカチにつけて使う時に気分転換にすんすんするのがいいかも。

ルームフレッシュナーとかね。。。

 

グッズとしてじゃなくても3,000円の香水ってそんなに高くない気もするし良いお品だと思います。

 

Perfumeのライブの時とか、普段香水使わない人も加減が分からずシュッシュとつけてきてすごいにおいが充満しそうですね。

気分が悪くなる人が出なければいいけど…。

ぜひ本人たちから付け方のレクチャーをしていただきたい。

 

 f:id:mickeyroni:20170326004946j:image

まだ少ない香水これくしょんに追加しました。外箱とムエット(匂い紙)もご一緒に。

 

 

ちなみに私がPerfumeええやんと思った最初のきっかけは、ある(かしゆかファンの)人から借りた東京ドームのライブDVDだったんですが、その人がある(Voがダンスコピーをしている)バンドを脱退する最後のライブがちょうど一か月後にあります。ワンマンライブです。ぜひに。

2017/04/25(火) 大阪 扇町para-dice 20:00開演 2000円

 

 

 

 

そしてふつうくらいPerfumeが好きな大学の後輩のbasiceno君が私のソロ作品のリミックスしてくれました。

サビでスンッてなるところと、ウーウーウーウーウーって言ってるとこがお気に入りです!

Synchronize (basiceno Remix) | Mickeyroni

 

 

パブリックとプライベート

人との出会いって大体パブリックな場所で発生する。

 

同じクラスとか

同じ職場とか

同じコミュニティとか。

 

そこから、仲良くなって

休日に会ったり

卒業した後も連絡を取り合ったりするような

プライベートな仲になるまで

 

 

その移行のタイミングがよくわからない!

 

私が身を守りすぎるのか

会話のなかで自分のことを明かすのが安全な相手かどうかが気になるし、

自発的に連絡するのも

相手のプライベートに踏み込むようで苦手だし。

私がそうこうしてるうちに、実は周りの人って

私が思ってたよりプライベートに交友してるんだって

気付いてちょっと寂しくなってしまったのでした。

中学生の時から変わらん。

 

 f:id:mickeyroni:20170316001358j:image

数少ないプライベートな友人の結婚式に呼んでもらいました。

良いお式すぎてアツい想いをLINEにしたためてしまったのだ。

プライベートな友人、増やしましょう。

MV制作記

 

Bandcampに全曲無料配信を開始しました!!

mickeyroni.bandcamp.com

 

そして、Synchronizeという曲のミュージックビデオを公開しました!!

www.youtube.com

 

 

 

このMVの撮影に協力してくれたのは次の3人。

松下隆也(Dlove the world / ASTROLOVE - ASTROLOVE "havana" - YouTube) 脚本、撮影、総監督

敏腕ドラマーでありながら、最近は「動画の人」として様々なミュージシャンのMVや企画映像を制作する松下さん。曲を聴かせた時から、MV作るよ!と言ってくれて、今回のMVは松下さん史上最も時間をかけて制作してくれました。Dlove the worldではMAD動画と迫力のあるドラムという斬新なステージを展開します。何か面白いことを、というエンターテインメントへのこだわりが強く、そういう点で同じ熱意で話せます。

まな(Arty - アーティ / シーラ【MUSIC VIDEO】 - YouTube) 脚本、スタイリスト、機材操作と手の出演

松下さんの呼び掛けに参加してくれたのがまなてぃ。当初のプロットから機材実験や買い出しなど、とことん付き合ってくれました。機材実験の結果うまくいかず、何度も3人でアイディアの練り直しをしました。衣装やメイクのアドバイスも。自分の良さを活かそうという美意識のあり方が近く、ここでも圧倒的に同じ熱意で話せます。普段はアーティでベースとコーラスを。カネに物を言わせたシーラのMVも必見!

金子定和(1POINT - 1POINT - LOVE SONGS (2nd ALBUM TRAILER) - YouTube) 機材操作と手の出演

全編1カットの撮影、スタッフ2人じゃ物理的に無理!ということで突然の呼び掛けに快く応じてくれたのが金子くん。金子くんもエンタメ美学を持っている一人で、リハに参加してすぐ、手に装飾を施すアイディアを出してくれました。さらに本番のセット組み立てから撮影時の動きまで完璧に遂行。撮影が長引いて、装飾でまなてぃと金子くんの腕がカイカイになってしまったのが申し訳ない…。金子くんが痺れるほどかっこいい演奏をする1POINTは4月24日(月)扇町Para-diceにてワンマンライブを控えています!(次の日はZweigのワンマンも)

 

 f:id:mickeyroni:20170221123125j:image

 民族衣装みたいな手の柄。柄違いなのが良い!

 

そして撮影場所として扇町Para-diceを使わせていただきました。ご協力ありがとうございます!

 

構想におよそ半年かけ、試行錯誤しながらの撮影本番は

昼の3時半から始まって、ハプニング続出!

f:id:mickeyroni:20170221124402j:image

 

終電も過ぎ、どんどん夜が更けていき、

平日だと言うのに、結局片付けが終わったのが朝方の4時半でした。

 

 

事前の素材撮りも、12月の屋外で薄いドレス一枚で鳥肌立てながら撮った映像が

結局使われなかったりとか~。

電気も暖房もない建物で、寒さと日没と闘いながら実験したりとか~。

f:id:mickeyroni:20170222002726j:image

 

でも楽しかった。とにかくすべてが手作りでした。

自分の曲が軸になって、他の人を巻き込んで一緒に作品が作れるということが嬉しい。

そして、本番で何度も失敗して終わりが見えなくなった時も、誰一人弱音を吐いたり投げ出したりせずに最後までやり通したことには感動を覚えました。

こういう気遣いや支え合いが、グループでの制作現場には必要なんだな。

 

明け方に本番撮り終えたとき、なんと小さなブーケをプレゼントしていただきました!

f:id:mickeyroni:20170221124527j:image
以前、私が「芸能人て仕事終わって花束貰えるなんてええな…」と呟いたのを覚えててのサプライズ。感激!

 

f:id:mickeyroni:20170221151156j:image

明け方の笑顔です。私だけライト当たってるあたりあざといですね。

 

 

松下さんの編集作業を経て、ついに完成したMV

と、全曲無料配信…。

PRコメント動画も作成しました。

全部、顔バーーン出てる…。

 

公開して、なんの反応もなかったらどうしよう?

誰にも興味を持ってもらえなかったら…。

顔なんか出して、アイドル気取りだと小馬鹿にされたらいやだな。

 

そんな不安がよぎり、投稿ボタンを押す手が震えます。

 

 

制作者としての客観的な自分と、作品の演者としての自分とを、

バンドだったら分けて考えやすいですが

ソロだと周囲からも同一視されがちのような気がします。

 

最初から最後まで一人だけだったら、勇気が出なくて公開できなかったかもしれない。

大丈夫!って背中を押してくれた皆さんに、とっても感謝。

 

ちなみに今回MV制作に関わってくれたチームは

年に一度の某アイドルコピーバンドのチームメイトだったりします。

そこでの「本気で遊ぶ」感じが、うまく活きてるかも。

その本気の遊び、実は私自身の物事の考え方に大きな影響を与えたのですが

そのお話はまた今度…。

 f:id:mickeyroni:20170222002738j:image

 

 

 

 

スムージーに挑戦その2

前回は惨敗したスムージー作り。

今回は徐々にコツをつかみ始めるとともに、新たな壁にぶち当たる…

 

 

4日目

ミックスベリー スプーン1杯
キャベツ
小松菜の葉 1/2束分
にんじん 1/4
りんご 1/4
レモン
無塩トマトジュース、水、無脂肪牛乳

f:id:mickeyroni:20170219121230j:image

f:id:mickeyroni:20170219120427j:image

 

ベリーとトマトの親しみやすい味わいに、ひとすじの小松菜の存在感(悪い意味)…
やっぱり小松菜はいらないな!
一方、塩を入れると少し美味しくなることが判明。ドロドロが強いのでストローを使うとき飲みやすいです。
結果:引き分け

 

水菜やレタスが結構美味しいらしいので挑戦してみたい。緑黄色の葉野菜ならほうれん草かなあ。

 

 

 5日目

ミックスベリー スプーン1杯
キャベツ
ほうれん草 1株
りんご 1/4
レモン

粉末青汁 1袋
無塩トマトジュース、無脂肪牛乳

f:id:mickeyroni:20170211091806j:image

f:id:mickeyroni:20170211091813j:image

灰色…

 

ベリーとトマトが結構当たりだったのでふたたび。糖分が高いものはやっぱり飲みやすいんでしょう。クセの少なそうなキャベツに、今度はほうれん草。

うん、だいぶまともなスムージーっぽい味になってきた!

自分でスムージー作ってみると、市販の飲みやすい野菜ジュースやスムージーって、かなり糖分系の野菜や果物が多いのでは…?!と実感。

 結果:やや勝ち

赤いトマトと緑の野菜を合わせると色が結構アレなことになる。

 

 

6日目

ミックスベリー スプーン1.5杯

冷凍いんげん

キャベツ ひとつかみ

ヨーグルト 70g

無塩トマトジュース、水

やさしお、パルスイート少し

f:id:mickeyroni:20170213104401j:image

f:id:mickeyroni:20170213104405j:image

食材がない…

冷凍のいんげんをいれてみる。キャベツとともに癖がないので使いやすいかも!

トマト×ベリー、うまし。ヨーグルトやパルスイートも入れてみました。爽やかな甘み。食材を混ぜていく時に、水で薄めたほうが飲みやすいかなとか、なんとなーく感覚が掴めるようになってきた!

思っているより野菜は詰め込めないもんなのね〜。

 

結果:勝ち!

 

 

7日目

水菜 1束

アボカド 1/4個

無塩トマトジュース

牛乳と水 すこし

f:id:mickeyroni:20170215075415j:image

 f:id:mickeyroni:20170215075419j:image

 すっきり緑色。アボカドのコクもあり、かなり良い感じ。トマトジュースの安定感も素晴らしい。

7日目にして割と安定してきたスムージー作り。

 

レタスや水菜、つまり生で食べても美味しい野菜はスムージーにしても美味しいということがわかって来ました。

 

 

え?

 

てことは、サラダで食べたほうが美味しいんじゃないか………?

 

 

 

当初からあった「スムージーの意義とは」という疑問がいよいよ立ちはだかり始める。

やはりミキサーはお蔵入りとなってしまうのか?!

 

どうする?!わたし!!